トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

「節句」ということ

大晦日も迫り、それなりに年の暮れの気配が町に漂っているようですが、
これって、よく考えると、何なのだろうと思う。

毎日同じ日々を続けても良いわけで、
歳も無駄に過ごすと、年末や誕生日と言うだけで
「また歳くったな・・・」という感慨が深まるばかりだし。

でも、どうせ生きとし生けるものは、やがて死すべき存在ならば、
何かをした気になりなさいと、暮れ行く歳月を反省し、
残りの年月に思いをはせよ!と言うことなんだろう。

文章にも、句読点は大切だし。
さて、今年はどういう。を付け、来年はどういう 、を付けることになるのだろうか。

皆様、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっと、『法哲学者』と名乗れるようで・・・

もう十年早ければ、・・・ 
と自分でも思いますが、
やっとそう名乗れるようになったようです。
と言うことで、記念にブログなんぞも開設してみようかと。

ネガティブなことや
本人ばれしてほしくないものは別の所にあるので、
こちらは、
多少誰かが判っても良いようなことでいこうと思います。

ある程度公的なものを意識した発言や考えていること、
周りの誰かと共有したいことなどですね。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2009年1月 »