« やっと、『法哲学者』と名乗れるようで・・・ | トップページ | 2008年のまる »

「節句」ということ

大晦日も迫り、それなりに年の暮れの気配が町に漂っているようですが、
これって、よく考えると、何なのだろうと思う。

毎日同じ日々を続けても良いわけで、
歳も無駄に過ごすと、年末や誕生日と言うだけで
「また歳くったな・・・」という感慨が深まるばかりだし。

でも、どうせ生きとし生けるものは、やがて死すべき存在ならば、
何かをした気になりなさいと、暮れ行く歳月を反省し、
残りの年月に思いをはせよ!と言うことなんだろう。

文章にも、句読点は大切だし。
さて、今年はどういう。を付け、来年はどういう 、を付けることになるのだろうか。

皆様、良いお年を。

|
|

« やっと、『法哲学者』と名乗れるようで・・・ | トップページ | 2008年のまる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530234/43583784

この記事へのトラックバック一覧です: 「節句」ということ:

« やっと、『法哲学者』と名乗れるようで・・・ | トップページ | 2008年のまる »