« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年へ・・・

今、平泉にいます。
帰省中は、兄や姉の代わりに
母の看護を手伝おうと思っていたのですが、
神奈川からの距離よりも、
ここから病院への距離の方が遠く感じます。

顔や手足をお湯で洗ったり蒸してあげたり、
クリームを塗りながらマッサージをすれば、
優に、二時間近くは時間がかかります。

母の意識はすでに無いと言ってもよい状態で、
うつろな目に何が映っているのか、
世話をしながらも、、気が重くなります。

こんなことを毎日続けられる兄に、姉にも
頭が下がりますが、
そういうことを厭わない子供に育てた母は、
やはり一枚上回っていたと言うことでしょう。

末っ子の私は、叱られた事さえないけれど、
「正しいこと」が何かは、判ります。

生まれいずるに、思い通りにならず、
死に行くに、思いならずが、
人の生というもの、なのでしょうか。

初春の 雪の嵐よ 吹き荒れよ
枯れ田の彼方 春日射す嶺

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »