« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

大学後期始まる

たぶん遅い方に入るのですが、
私の通うメイン校も、やっと後期の講義が始まりました。

と、初日にエライ大失敗!
同じ大学で、しかもキャンパスはほど近いというのに、
医学系は、講義時間が違うんですね~・・・。
で、
大遅刻                        ort
しかも、学科長お二人がお出迎え。。。     ort

で、教室に入ったら、(マ、狭い教室のせいもありますが、)
立ち見でいっぱい。
本日、抽選制になったとの連絡を受けました。
受けたい講義くらい、受けさせたが、良かろうに。。。

今期は、最大一日四コマ。
老醜を感じ始めた体力には、正直、
きついものがある・・・と感じるようになりました。

が、しかし、飽きっぽい私は、
今期改めて導入を試みていることがあります。

そう、あの「ソクラテス・メソッド」

元々、講義中頻繁に指名するタイプだったのですが、
今期は改めて質問事項を多くし、基本的に、
質問攻めで講義を進行しようなどとと企てています。

が、これが初日から、(学生さんは気づかないかも知れませんが)
会えなく、失敗。と言うか、反省すべき点、多々です。
質問誘導していく際には、
かなり質問が練れていないといけないようです。

それと、解答があらぬ方向に行きそうなときに、
(ま、その多くはこちらが望んでいる
 「次元」にまで行っていないことが多いのですが、)
どうするかです。
学生さんの考え方のレベルを上げながら、
具体的には抽象度を上げながら、
それが違和感なく行くように持って行くのは、
けっこう時間もかかるし、こちらにも要求されるものが多いようです。

で、そんなこんなで、結局一時間半では
2 テーマが良いとこかなあ・・・

そうするとテーマ設定が難しい問題になります。

従来の講義ノートを見直しながら、
少しずつブラッシュアップしていくことにしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遅くまで仕事をすると、どうも愚痴っぽく・・・

日付はとうに変更しているはずだが、
私の15日は、まだ続いています。。。

本日締め切りの採点と評価が終わっていなかった。。。

実践活動に気をとられ、
まだ間があると思っていた私の失敗です。。。  ort

いや、日中仕事をしようとは思って出かけたのですが、
法科大学院進学希望の学生さん達の提出書類やら
論文指導などをする内に、忘れてしまった私でした。
受験生でもないのに、もう何校の論文課題をこなした事やら。。。

この採点と評価さえなければ、
(研究論文さえも書かなくて済むなら、)
(学生指導もおざなりで良いなら、)
(自分の講義日以外は自宅研究なんて言い訳付けて休んじゃえば、)
大学の先生なんて、
好きな本読んで、好き勝手なことしゃべって、
休みは多いし、本当に良い職業だと思います。

どうも、遅くまで仕事をすると、愚痴っぽくなります。

愚痴ついでに。

実践活動のおかげで、居所条件がつき、
どっか都会に出るもままならず、
子ども達は大きくなるわで、
自宅購入も、あれやこれやと厳しい条件付となるわけです。

おまけに、
将来の学費や自分たちの老後も考えなくてはならないし。。。

明るい未来なんてあるんだろうか?
などと考えつつ、
最近唯一のストレス解消の
韓国歴史ドラマ見て酒飲んで寝よっと。

今ある課題を
まじめに、地道にこなすしか ノウナイカラネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

韓国調査から帰って・・・

いや、向こうは着いた晩は台風直下で、
翌朝のホテルから移動の起点であるバスターミナルまでは、
歩道の街路樹は倒れて歩けるようなモンではなくなっているし、
報道によれば、各地で洪水だの土砂崩れで、
どうなるかという始まりでした。

しかし、午後からは台風一過の夏戻りで、
韓国西南部を回るのには、
非常にしんどい調査となりました。

調査から戻り、すぐにあれやこれやと仕事や用事に追われ、
ちょっと体調がおかしいようです。
こっちも暑さ続きだし。..

戻ってから、家族へのお土産と、
空港で急いで買い込んだレトルト韓国食品を一緒に食べているのですが、大変、不評・・・。
自分でも、「あれ、これこんなモンだっけ?」
と言うのが、非常に多い気がします。
(お土産で、人にあげなくて良かった?)

飲み物や食べ物の美味しさというのは、
相対的な問題で、
その土地土地の気候風土や、日常どういうものの中でその当該のものを味わうかでも味が変わるのかも知れません。
忙しさの合間に、そんなことを思いつきました。

詳細は、後日に、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »