« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

光陰矢のごとく・・・

何とか2010年を漂い流され、
2011年になだれ込んだと思ったら、
怒濤のように1月も
終わりの声を聞かねばならなくなっています。

この間
家族との家庭内カラオケ大会で年始年末を過ごし、
愚息の野球始まりに伴い、肉体労働をこなし、
講義が始まれば、試験問題の準備に、
またそれにあわせた講義の帳尻あわせ、
住居購入の具体的検討に、なんと
愚息の(第一志望校)高校訪問が(すでに!)決まったりと、
息もつけない日常が過ぎ去っていきいます。

もちろん議会のお仕事も挟まっているわけで、
こっちブログに即していえば、
「俺の研究時間・・・」なんて事も考えすら及びません。
(でも、やらねばね。。。)

当初の計画から何かと反省の多い大学講義ですが、
残すところもあと三時限。
採点・評価記入までもそれなりに大変ですが、
終わりが見えてきたところで、
もう一踏ん張り頑張りましょう!

学生の皆さん、(これを見ていたら)
講義の単位修得試験を、けして甘く見ないで下さい。
加えて、
外の試験はさらに甘くないのだという事を肝に銘じて
ご勉学下さい!
と、書き記しておきます。

でも、明日は某看護系社会人学生の方々との
懇親会
楽しみですー。。。          (^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

民主主義2.0

なんて言葉がある。

ウェブ情報網の発達によって、
ルソーの一般意思なんてものが現実の視野に入りつつあり、
人民の手によって、理想的な「統治」が行われる。。。
なんてとこだろうか。

手軽に詳しくは、朝日新聞を。
ついでに、今春は「統一地方選挙」。

大学やら、研究室で、あるいは文壇で、
「生活」にも窮することなく、「自治」とやらをするにのにでさえも、
そんなものは成り立った試しはあったろうか?
これから成り立つだろうか?
と懐疑的になってしまう。

まして、
この国の統治実践を見るにつけ、
おかしいのは、構造疲労に加えて、
それを支えるべき人的資質も
上も下もであるなあ・・・
などと思えば、
どこかの昔の誰かみたいに、

「この国には、洗濯が必要ですね。」

などと、言ってみたくもなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年 新年のご挨拶

新年! 明けまして、
おめでとう! ございまーす!

今年は故あって、
年賀状を出していませんが、
どうか、理由はご斟酌下さり、お許しください。

休み中に読もうと思って、
自宅に持ち帰った資料も、まだ最初の1ページさえ
開くことすらかないませんが、
学究に社会改良実践と
すべからく手を抜くことなく、
頑張るのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »