« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ちょっと勉強・・・

試験期間も終盤を迎え、キャンパスも閑散としています。
大山おろしに、今日は雪も降ろうかという天気です。

何とか時間がひねり出せるこの期間に、
どれだけ自分の時間を作れるかが来年度を見据えた
講義や論文作成へ向けた下準備になるわけですが、
暇になればなったで野暮用があるのが常というもの。。。

担当講座の来年度交渉に向けての業者交渉や
学内会議に向けての資料作成、
そんなこんなで、一日も暮れようとしています。

ついでに先輩来訪。
子どもの教育談義やら仕事用PCの話やらも加わります。
子どもの教育談義は、
通わせている私立小学校の教師の質やら進学先の心配。
どこに行っても、親は心配だらけと言うことでしょう。
もっとも、高い私学料払っていれば、それも切実というもの。

一段落ついたわけではないですが、
事務仕事に飽きたので、送られてきた論文集も読んでみます。

農地法とフェミニズムに関する論文が気になったので、
それなりに集中して読んでみます。
農地法はお勉強になる部分多でしたが、
フェミニズムの方は、さっぱり。
自分の理解力や知識のせいか、それとも
書き手の側の問題であるのか、よく考えてみましょう。

私にとっての近著であるレッシグの『REMIX』
も、やっと読了したので、一言。

法哲学徒の私の興味としてのレッシグは終わりかな。
経済社会のあり方に対する考え方としては、
まだ一考の余地があり得ると含みを残しておきますが、
後は知財法関係の人たちに存分に吟味して頂きたいものです。

さて、
事務仕事完了に至らず、
もう、ひとふんばり!

追伸:
ふと気づけば、今日は「バレンタインデー」

学校行っているから、いっぱいもらえるんでショー?
などと聞かれますが、
あいにくこの期間、学生にとって、学校はお休み。

昨日、野球のお母さんたちに
子どもの残り分をお情けでもらったのと
娘たちから「義理です!」ってもらった以外は、
惨敗。。。

息子に負けたらどうしよう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

終わったと思ったら・・・

少しずつやり貯めて、お手伝いもいただき、
やった~!おわった~!
と、思いきや、研究室に電話。

追再試のお願いです。

ま、そうだよね。
インフルエンザも流行っているらしいし・・・。
待てよ。
と言うことは、その採点と評価記入も。。。

まだ、私の「今年度」は終わらず。
しかし、運動場には学生の声がこだまし、
受験生誘導の案内板もたち、
賑やかしの旗なんかも飾り付けられて、
すでに入試準備が整っています。
推薦合格でしょうか、
カメラ片手にお父さんお母さんと歩く学生もチラホラ。

とっとと事務仕事は片付けて、
自分の研究時間を作りましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テスト期間終了・・・

大学という所は、4月から連休までと、
(私のメイン校の場合は、前期の終わる7月。そして)
この年度末一月末から二月の初日くらいまでが、
もっとも人通りが多い。

でも、前者がサークル勧誘や新入生のいることもあり、
賑やかさに華やかさも加わるのに対して、
この年度末の期間は人通りが多いだけで、
何となく真剣さと真面目さが漂う静寂さがあるのが特徴だろう。
試験期間だからね。

夕方から夜の部活動もないらしく、
キャンパスもグラウンドや球場の明かりも早々と消え、
静寂そのものに包まれる。
そういう意味では、
もっとも大学らしい雰囲気がキャンパスに漂って、
わりと好きな期間なんだよね。

本日で、そのテスト期間も終わり。
あとには大量の試験答案の山が残される。。。

何とか今週中に片付けて、
自分の仕事に取掛かろう・・・っと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »