« 書くぞ! | トップページ | 試験期間早まる・・・ »

広大な被爆実験場

表題は職場の友人達が口にした言葉だ。

被爆基準値があの「福島原発事故」以来いつの間にか引き上げられ、
その基準値を超える農産物を中心とする被爆物質への対策も明確に示されないままに、
道路/公園/農地いたる所、放射能が累積して行く現状を指してのことだ。

「一時的な」「放射能汚染/被爆」に関しては、
過去の事故経験からも研究の蓄積はあるのだろう。

しかし「継続的」「広範囲」な、
「低レベル」の「放射能汚染/被爆」に対する日本の研究レベルは、
いったいどれほどのものなのだろうか。

その成果が、
十分にわかりやすく明確に示されている現状だとは
思えない事態が続いているように思える。

ヒロシマ、ナガサキと唯一の被爆国を自称しながら、
スリーマイル島の事故からも、チェルノブイリの事故からも
何ら成果を得ているとは思われないようだ。

少なくとも、今回の事故後の対応の中で、
被爆基準が何ら明確な根拠を示さずに引き上げられていること、
上限を超える農産物のその始末にさえ、
国からも県からも未だ明確な指示が無く、
これまた何ら明確な根拠も示されようとしていないことが、
それを現していると思う。

一市民としての現実的な対応を考えれば、
だからと言って職場や今ある生活を放棄して、
どこかへ避難するわけにはいかない。

だとすれば、為政者は
社会や国家や共同体維持のための最低限の基準を
予防原則に立って決定し、
根拠をもってそれを明らかにし、
その中での自己防衛を個々の市民に任せるしかないだろう。

そうであればこそ、
そこにこそ個々の市民が判断できるような情報の開示が必要であり、
判断基準の開示が求められることになるはずだ。

しかし、いずれのレベルでも
十分な対応が取られていないことに深く失望せざるを得ない。

社会の木鐸をもって任ずるはずのマスメディアでさえ、
その機能を十分に果たしていないのではないかと考えるのは、
私の不勉強の故なのだろうか。

「自然放射能」「過去の核実験の影響」「直ちに危険ではない」

そんな説明では納得できないと思うのは、私だけであろうか。

|
|

« 書くぞ! | トップページ | 試験期間早まる・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530234/51904465

この記事へのトラックバック一覧です: 広大な被爆実験場:

« 書くぞ! | トップページ | 試験期間早まる・・・ »