« 熱い夏・・・ | トップページ | 2番手ではダメですか・・・ »

夏の予定が決まらない。と言うか・・・

愚息の野球チームが昨日の大会で大敗し、・・・

いや、実は、関東選手権、出られるものと思っていました。
相手チームは勝ち進んでも、練習試合を含め、
負けたことのないチームでしたし。。。
そこが勝負事の怖いところで。。。

で、残されたのは、引退試合として用意されるらしい、
「横浜市長旗杯」

でもそこで問題が発生。

受験生としては、塾の夏期講習もあるしね。

負けに「錯乱」した代表(私には、そうとしか思えないのだが・・・)
は、「これからの練習、出られないヤツは、試合に使わない!」
みたいなことを言うし、
子どもの気持ちとしては、出たいものだろうし、、、
親としても、このチーム、一つくらいは優勝させてやりたいし。。。
保護者会の長としてもだ。。。

二兎を追う者は一兎をも得ず

とは、言うけれど、高校野球での舞台を追うためにも、
勉強は必要だ。(特にうちの場合は。。。)

普通の親ならそう考えると私は思うのだが、
期待するのは、野球を通じての子の成長でもあるし、
「野球バカ」で人生を終えられるものでない。
少なくとも大多数の人間は。
それに「バカの野球」ほどつまらないものはない。

文武両道
学業と練習のバランスが大切だ。
頭を使い、工夫しながらの練習が肝要なのだ。

強制にならないように、
知りうる限りの「人生経験」ってヤツを基に、
子どもと話し合いましょう。

しかし、なぜにこうも体育会系の方々には、
物事を一方的な単純モデル化してしまう人が多いのだろうか。
チームがこの一二年の間に急速に肥大化した要因はなぜなのか。
その要因の中には、近隣チームの中で学業と練習のバランスの取り方が絶妙であったというような要因がないのかどうか考えるべきだ。
仮にあると分析できれば、それとチームの勝利をどのように結びつければ良いのか、練習メニュウや日程の組み方に工夫できることはないのかどうかなど、何故にシミュレーションもしないで楽な方法を選択するのだろう。

精神主義一辺倒は、もはや時代錯誤なだけでなく、害悪だ。
息子の進学希望先がそうではなさそうなのが救いだけれど、
どっかのチームの指導者の皆さん、ちゃんと考えようね。

ついでに書いときますけど、
「言ってるよ」「やってるよ」も駄目だよ。

それを何人が理解し、実績を上げられているかが重要なんだからね。

これは教育者として、私自身が自らに課していることでもありますから。

|
|

« 熱い夏・・・ | トップページ | 2番手ではダメですか・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530234/52182840

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の予定が決まらない。と言うか・・・:

« 熱い夏・・・ | トップページ | 2番手ではダメですか・・・ »