« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「常識」の欠如

due process of law だとか、legal mind だとか、
学期始めの講義シラバスの中に見つけるたんびに

「今さら、何すんだよ~」とか「中味が問題だよな~」

とか、一人ブーたれていた私ですが、
それは、「そんなこと、社会人として常識だろ~」とか甘えていたのかも知れないと思わせるようなことが、実践活動ではたびたび起こります。

昨日もそんなことが起こった実践活動でした。

nobless oblige

余裕を持つものは、権限を持つものは、
自己にも厳しくなければなりませんね。

って、今日は、なんで英単語が多いかというと、愚息の影響。

夏休みの宿題の英作文を昨晩寝しなに見たのだけれど、
これがメンドーくさい英語で。。。

流石に、ウェブ翻訳機能とか、電子辞書とか、
習いたての英文法知識を駆使しているだけあって、
明確に間違いとは言えないようなものだと思うけれど、
複文あちこち、修飾関係が離れていたり、指示語が多くて、
おまけに内容も、熱くて、説教くさくて、中学生っぽくないこと甚だしい。

誰の影響だ~
とか思いつつも、「熱闘甲子園」目指すヤツはこんなものかと、
放置。

でも、やっぱり語学は一日離れると、そんだけできなくなることを実感。
この夏の自分の課題を考えるに、
日々の地道な作業が大切であることを実感してのことです。

そう言えば昨日は、同時に、「禁煙」にトライした日でした。
しかし、あまりの失敗に、半日で挫折。
頭がボーッとして、眠くてしょうがありません。
電話対応で、相手を間違え、これは大変と、喫煙。
とたんに、頭すっきり。
偉大な中毒効果と言うしかありません。
「禁煙」がさらに重い荷物となることは、必死です。

本日残りの仕事は、
 まずは昨日からの続き仕事の兄のPCの調子を直し、早急に送り返しましょう。
 明日の実践活動の「締め切り」にあわせ、細部も詰めねばなりません。
これは、締め切り間際になればなるほど、準備の範囲が広がる面があるので、結構面倒です。引き続きの仕事になるでしょうが。
 愚息の送り迎えも、本日は(も?)私の担当。
こっち関係では、急に所属チームにイベントが入り、その準備も何故か大きな仕事を担わされたので、面倒です。その準備の一端も今日にしておかなくちゃ~ね。

この暑さも、今日で一段落との天気予報。
頑張りまっしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「京都」に嫌われた「陸前高田」の松

一昨日あたりからの報道によれば、
被災した陸前高田市の沿岸部に広がる松林「高田松原」
から流された松を使った「薪」に、
被災した方々がそれぞれの思いを込めて、
五山の大文字の送り火に使用する計画だったらしい。
しかし、
心ない非難の声によって、使用断念に追い込まれたとのこと。

高田の松に書き込まれたそれぞれの思いは、
護摩木に書き写されて使用されるとのことであり、
薪そのものは陸前高田市での迎え火に使用されたとの報道であるが、
私には少なくとも、ここから二つの問題が浮かび上がるように思える。

一つは、心ない風評被害を拡散する「自律しない、考えない人々」であり、
もう一つは、波風を立てないことが行政的な仕事と考える「小役人」だ。

私の故郷平泉でもお盆の終わりには、京にならった「大文字焼き」が行われる。

前九年・後三年の役までの東北の人々、朝廷軍の人々、
犠牲者をわけ隔てることなく鎮魂することを願った
「平泉」の大文字送り火こそ、それを使うに相応しい。

東北岩手住田町には、
被災証明をやみくもに出さない多田町長のような人もいるそうだ。

毅然とした行政リーダー
自立/自律する個人

東北の復興を支えるのは、そういう人々だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

浄土庭園で Jazz, JAZZ

そのむかーし、ふるさとのなんかのPRで
中尊寺でテニス!
みたいなことを言って一部の大人の噴飯をかった私ですが、

毛越寺 本堂前の特設 ステージで 「ジャズ JAZZ」
http://basie-motsuji911.com/

東北復興支援

息子の野球と受験夏期講習で、お盆の帰省すらかなわないこの夏。
従って、ウン十年ぶりのステージ演奏もあきらめる他ない。

行く方向で、検討するしかあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体が・・・

昨日で息子の野球合宿が終わり。。。体中が痛い。

別に野球練習につきあったわけではないけれど、
練習グラウンドの周辺の草刈を一日中やった成果。

少しはダイエットできたのだろうか?

しかし、別に「仕事」のふりして抜ければ良いものを
「今年の父兄は・・・」に、無理にでも、意地にでも・・・
やっちゃう所は、自分でも疲れる性格だなあ・・・と思う。

合宿運営に大勢が関わるということは、
何かと些細な「問題」も起きるわけで、
法的に見ればどうでも良い問題も
「合理的決定」や「正義」なんて事を専門にする私としては、
草刈機をブン回しての単純作業の最中に、
それなりに考え込んだりもしているわけです。
もっとも、
成果にはならないけど。。。

ああ疲れた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »