« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

震災後のクリスマス・イブに・・・

仕事に向う車の中、ラジオから流れた話。

フクシマのとあるスーパーで、
一つだけ残された弁当を前に、
いがみ合うように立ち尽くし、口論する老人二人。

自分の弁当を差しだそうと近くに行き、二人の会話を聞くと、
二人は、一つの弁当を、互いに相手に持って行けと
譲り合っていたそうだ。

いよ!あいずっぽ! 東北人!
私は、こんな無骨な思いやりが好きだ。

今日の夕刊に載っていた子ども達や先生の俳句

中学2年の子たちは、5月にこう詠んだ。

雀の子 飛べよ とべよと せかす母
いつだって 道のタンポポ 負けてない

同じ子ども達が、11月にはこう詠んでいる。

会いたいよ 今も変らぬ この気持ち
青い空 こっちは元気でやっているよ

娘を亡くした先生も、ようやくに歌を詠む気になったらしい。

胸の奥 しみこむ記憶 八ヶ月

未だ多くの人たちが家にも帰れず、底寒い仮設に暮らし、
ふるさとすら後に、異郷で暮らす人も多い。

まして 肉親を突然に亡くし、悲しむことすら余裕の無い期間が、
この歳月だったのが、よくわかる。

家族で聖夜を迎えられる、日常の大切さを、
子ども達に、
今日ばかりは、
奥様とも、和やかに伝えねばなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新講義を担当する!

先日本務校メインキャンパスで、新たな講義を担当することが正式決定。

で、その内容が専門にかぶることもあり、久々にワクワクしています。
(実定法の講義は、・・・)

で、内容的に基本線としてたてるのは、

大学での専門研究の導入や、本格的な文献精読のノウハウをも身につけられるようなものにしたいという事。

議論をすることの大切さや、その際の作法など基本的なノウハウを身につけられるようにしたいという事。

「正しさ」を考える際に必要な基本的な事項を理解すること。

などかなあ・・・と。

どうせ、最近の大学生は本を読まないし、
他方昨年は、M・サンデルの本が多少世間で有名になり、今年は文庫本化されていることもあって、それを利用してテキスト読解から背景説明、原典確認などの一連の基礎作業を指導し、実際の討論にまで持って行ければ、できすぎかと計画しています。

ま、キャッチフレーズ的には、
サンデルと「正義」について考えよう!
(正確にはもちろん、M・サンデルの『これから「正義」の話をしよう』を用いて、「正義」について語れるようになろう!)
かな。

そういう内容を予定するので、
春学期の土曜1・2限に設定することで交渉中。

土曜なら副次的効果として、ゲストを呼ぶにも都合が良いでしょう。

しかしながら、
講義が早まることでその準備に忙殺されることも確定的です。

まずはサンデル関係資料の読破、整理、まとめに
それを講義案にまとめていくという作業です。

本家に負けないように、デジタル資料も必要でしょう。

楽しい、いそがしささ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

吹研の後輩諸君へ

一昨日の朝日新聞からだと思うが、「今子供たちは」という特集記事で
ある吹奏楽部の活動を紹介していた。

指揮に当たる「大人」は、特に具体的訂正点を示すことなく、生徒たちが自主的にだめ出しの箇所の改善点を考えていくという内容だった。

ちょうどその頃、津波の被害を受けた陸前高田市の小学校からの礼状を抱えていたこともあり、それへの返礼を書きながら、高校時代に同じ「吹研」で活動した、その学校の副校長を務める友人のことを考えていたこともあり、ある種の感慨を覚えながらその記事を読んだ。

あの頃は、ちょうど指導者が赴任していないという当時の高校の特殊な事情が絡んだのかも知れないが、我々の所属した「吹研」は、部長とコンマス、各パートリーダーと、そして学生指揮者を中心とした日常活動とコンクール出場という、今でもそうだろうが、県大会常連校や強豪校には珍しい体制で運営されていた。

先生の役目は、合宿やコンクール出場の際の介添え役や付き添いといったアドバイザー的な役割に限定されていたのではないかと思う。

当然に、様々な活動でも日常練習でも、演奏解釈を巡る問題でも、無駄な対立や問題発生は日常茶飯だった。

変拍子の連続するその年のメインに選んだ曲の全体練習で、学生指揮者(私だ)の無能の故に、演奏が崩壊して止まってしまうと言うのは、その年の定期演奏会のわずか数周前にすぎなかったように記憶している。

それぞれに歳を経て、少しばかりの余裕ができた頃、
未だに演奏に関わるものもおり、学校教員として指導に関わるものもおり、私のように全く関係を断絶したものまで、自分の子供のような年代の後輩たちの練習と演奏に接する機会があった。

大学で経験したという先生指導の教導に、元気の良い「はい!」という全員そろった返事が、またその響きが心地よくはあった。

しかしその後の一杯飲みながらの、教員をしている同輩の、あれが理想だと言わんばかりの一言には、強く反対を評せざるをえなかった。

自分たちと今を比べて、どれが優れていると言うつもりはない。
しかし、
結果が稚拙であろうとなかろうと、
我々は「自分たちの音楽」を奏でたのではなかったか?

それが私の言いたかったことだろう。

型どおりの楽理理論や型どおりの楽譜解釈を超えて、自由な我々自身しか為し得ない演奏は、「稚拙な学生解釈」だからできたのではないか?

君の工夫を生かす演奏は、あの演奏解釈だからできたことではないのか?
「ここは、おまえに任せた」という演奏は、あのやり方だからできたことではないのか?

それが伝えたかったことだろう。

知識や型の伝達によって、表面上の体裁はいくらでも整えることができる。
しかし、
そもそも「新しい問題」が「何」であり「なぜ新しい」のかは知識や型からは出てこない。

新しい問題に解答するには、知識を生かす知恵が必要だ。

それは教えられるものではなく、自ら身につけるべきものだ。

思えば、「吹研」時代に、幾人かの同輩はそれを身につけて行ったのだろう。
そうであるが故の吹奏楽「ケンキュウ」部という事か。

「ブラバン」と言うな。「スイケン」に、コダワリを持て。

優秀と言われる人が、ジャーゴンのように専門用語を振り回し、何も解決しないのを見るにつけ、難解な法律用語や哲学用語を振り回す学生が、その対象たる普通の人の生活やその痛みに盲目なのを見るにつけ、

他方で、かつてない津波の被害に、迫り来る高波から「二十年ぶりに、けつに火がつく全力疾走!」と笑いながら全校生徒を救った友の笑顔を思い出すにつけ、

新聞記事から、自ら考え、答えを出すそのことの大切さに、
高校時代の「吹研」を思い出してしまった。

後輩たちは、今も「ケンキュウ」しているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »