« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

政治に参加する人間・・・

本日土曜も講義。

まあ、望んでやっている講義だから、曜日の問題はさておいて、
本日は先週に続き、ゲスト講義の日としたのでした。

アリストテレスは、政治に参加するのは大人の権利であると同時に義務でもありますみたいなことを言うのだが、

今日はそんなことで、それは本当だろうかみたいなことをやりたかったのだが、ちょっと方向ずれ。

研究室が、校舎の耐震化工事の影響で、お引っ越しだったので、それもやって疲れたはずなのに、暑くて眠れません。

賢妻は、引っ越し後もなかなか進まない家の片付けを置き去りに、明日も私には休養では無く、家庭サービスを望むであろうと、ちょっとげんなり。
「主婦は、休みなんか無いのよ!」
なんてね。

私もあちこちで、同じ論理を振りかざしたいものだなあ。。。

その論理は何か?
クサンチッペは、ソクラテスを育てましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

50も過ぎてさ・・・

よわいも50を過ぎれば、何か少しは考え方が変るかと思えば、
頭の中は高校生の頃と同じで、少しも変るところがない。

まあ、キャバクラとか、女の子と馬鹿話して何が楽しいんだ?
と思えるくらいの進化しかないようだ。

しかしながら、
あと50年は生きられないだろうな・・・なんて考えれば、
残りの人生で、何ができるか?なんてことを真剣に考え込まざるを得ない。

好きなことやれば良いじゃん!なんて言われても、
今さらプロの音楽家になれるはずもなく、
せめてその業界で食っていくほどの人脈すら/だにない。

本読んで、考えて、好きなことしゃべくって、文章書いて・・・と言われても、
それで十分に家族を養えるほどの才能か?人脈か?業績か?運か?・・・
も、無いらしい。

実践活動!と言っても、
どうも政治家然とした人間は、やっぱり私とは毛色が違うようで、しっくりとは来るはずもない。

いえいえ、いないわけではありません。
全国津々浦々を見渡せば、
少数派ながら地道に少ない歳費で暮らしつつ、
市民運動や議会改革に成果を挙げ得ている方も。

でもやっぱり例えば、選挙なんて、恥ずかしくてやってらんない気はするものだ。

とは言え、
何が問題かの行く先が見え隠れし、
おそらくは私なら見えるだろう将来と、
一人でも多くの人が未来を託してくれているのだとしたら、
それはそれで、
十分にやりがいの多いことも実感しているのだが。

ま、そろそろ、夏休み。
専任教員なら気にしないだろうが、
下郎身分とあっては頼みの「有給休暇」を存分に使い、
それすらない人もいる世の中で、
自らの行く末と共同体の未来ってものを
じっくりと考えてみましょうか、っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »