« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

法哲学か法思想史か。

早いことに、もうすでに大学では来年の担当コマの話が始まる。

で、表題の話だが、
どっち取るかと言われれば、私の場合は「法哲学」だろ。と自分でも思う。

法哲学史的な話は、自分の興味から特定者にはあっても、歴史学全体としての誰彼に興味があるわけでは無い。

そんな私が担当すれば、自分の今考える現代的課題に、誰がどう使えるかの話になるに決まっているから。

歴史学として扱うには、もう少し中立的な全体まとめとか、何らかの発展軸が必要だと思う。

ま、振られる身分としては、話があるだけでも儲けものだろうが、これをきっかけに、読み慣れないものも読もうとは思う。

しかし、なあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »