« 今年の上半期は過密スケジュールだ! | トップページ

2014年10月31日 (金)

SNSの使い方実感

ウェブページが立ち上がり始めた世界から、ブログの流行へ、
さらにはLineやらFacebookの世界へと、インターネット世界の変化を目の当たりにしてきた僕らの世代にあって、
そこがどういう世界であるのかは、まさにそれで一つの関心事だった。

自由な知の享有を叫ぶものがいれば、
馬鹿が声を大にする世界という者もいた。

私と言えば、前者に共感しつつ、情報漏洩やネット犯罪の横行を見れば適切な管理も必要だろうと、どっちつかずだった感。

しかし、家庭内で妻や子どもまでがネットに繋がり、Facebookストーカーから殺人事件までが起こる現代、その有り様はまさにその「人間の業」やら「知的なあり方」を示すようなものに見えてきた。

現実世界を程よく逃避し、趣味や関心を共有し、さらに現実世界を広げるものいれば、
友人つながりやその言い分を適切に管理できず、現実の仕事や人間関係を壊していく者もいる。

要は程々の適正な管理の問題なのだろうが、何とかのマスターべーション状態で止まらぬ中毒患者が問題なのだ。

この点に関しては当初からの私の主張は、ネット環境内で何が起ころうと、それは「現実世界」の問題ではなく、「情報を読み解く」その「人間の知的レベル」の問題だというもの。
特に匿名性の確保できた昔の話しならば、それがもっともだと考えていたものだ。

何が面白かろうが、どう論じようが、自由に任せればいいだろう。
「いいね!」を単に「見たよ!」と解釈しようが、自分への人気や支持と見ようが、そんなものは解釈者に委ねておけばいい。

しかし、現実世界にもそれが及び、何らかの弊害や被害が生じているとなれば、それはもはや法的処理も必要なこととなる。

匿名性の薄れた現代では、
もちろんそれは本人自身だけの話では済まなくなってしまうだろう。

共犯、教唆、幇助、扇動。
責任を自覚もせず、とれも出来ない言動が、
実はSNSの世界には、あふれているようだ。

直接的なネット犯罪や情報漏洩、権利侵害など以外にも、視野に入れるべき課題はあるものだな・・・もはやネットコミュニケーションすら、従来型の法的権力の及ぶべき空間かと。

やっかいなことに、今行っているコミュニケーションが「閉じた空間」という思い込みも使用者にはあるようだ。

そこで行っている一定のコミュニケーションには、自分の配信した人がいるのにもかかわらず、そこに書き込んでこない人間は、それを無意識に外へ置くか、あるいは自分の支持者に入れてしまうかのどちらかだ。

「ROM=読んで放置」の人間が、よもや「常識ある批判者」だとは思ってもいない。

かくして書き込み共犯の関係者は、さらに思い込みを強化し、共有して行く。

それは友人関係から家族や夫婦のあり方、原発問題から政治の話題まで、
あらゆるレベルで起こるから、さらに話しはややこしい。

戻ってくるのは結局、個人の知的な判断力の問題。

他者からの批判をどう扱えるかの、本人の知的レベルの問題。

声なき声をどう予測できるのかの想像力やら復元力の問題。

そして、他者のあり方や自分の周囲との関係性から何を学び、
実りあるべき方向の、あるいは向上心に導かれるべき将来へどう生かすか
自ら反省し、自律する能力

しかしそれは、実はネットの中だけでなく、現実の世界でこそ必要とされる能力だ。

忙しくて、こちらのブログは放置状態だったが、
最近、そんな事も考えていた。

|
|

« 今年の上半期は過密スケジュールだ! | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530234/60573253

この記事へのトラックバック一覧です: SNSの使い方実感:

« 今年の上半期は過密スケジュールだ! | トップページ